森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸借契約の電子契約とは?メリットとデメリットを解説!

賃貸借契約の電子契約とは?メリットとデメリットを解説!

≪ 前へ|不動産売却にあたり火災保険を解約するには?返金の有無や解約前の修繕も解説   記事一覧   遠方から不動産売却をする際に知っておきたい方法と注意点|次へ ≫

賃貸借契約の電子契約とは?メリットとデメリットを解説!

賃貸借契約の電子契約とは?メリットとデメリットを解説!

近年、契約の手続きにかかる手間を減らすために、電子契約を採用している不動産会社も増えています。
しかしながら、そもそも電子契約が何なのかわからず、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸借契約における電子契約について解説します。
メリットやデメリットもあわせてご説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約における電子契約とは?

電子契約とは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの電子機器を用いてオンライン上で電子署名をおこない、契約を締結する方法です。
電子署名を施した電子データには、印鑑証明書の役割を担う電子証明書や、契約締結日時の証明となるタイムスタンプが刻印されます。
そして、電子署名やタイムスタンプを施した電子データは、企業内のサーバーやオンラインストレージ上に保管が可能です。

賃貸借契約を電子契約でおこなうメリットとは

電子契約のメリットは、まずコストが削減できる点です。
書面でのやりとりが生じないので、用紙やインク、郵送などの費用が不要になります。
さらに、書面の作成や印刷、郵送、保管などにかかる手間も省けるため、業務の効率化・省力化が可能です。
また、契約締結のための日程調整の選択肢も広がり、スムーズな契約締結が見込めるでしょう。
くわえて、コンプライアンスが強化される利点もあります。
書面での手続きでは、書類の破損や紛失、改ざんなどのリスクを指摘されていましたが、電子契約の場合はデータをパソコン上に保存できるので、破損や紛失の心配は不要です。

賃貸借契約を電子契約でおこなうデメリットとは

電子契約のデメリットは、書面よりも全体像を把握しにくい点です。
契約書の内容全体を一覧しにくい点は、電子メディア全般の欠点として指摘されています。
また、操作に不慣れな方だと取り扱いが難しいのも懸念点です。
とくに高齢者など、電子機器の扱いに慣れていない方にとっては、書面での契約のほうが安心できるでしょう。
そして、インターネット環境を整えなければならないのもデメリットといえます。
インターネットの回線や音声、映像が安定しないと、オンライン上でスムーズにやりとりできません。
電子契約に向けて、安定した通信設備を整える必要があります。

賃貸借契約を電子契約でおこなうデメリットとは

まとめ

以上、賃貸借契約における電子契約について解説しました。
電子契約とは、電子機器を用いてオンライン上で手続きをおこなう契約方法で、業務の効率化やコスト削減が可能になるなどのメリットがあります。
ただ、内容を一覧しにくい、電子機器の操作に慣れていないと取り扱いが難しいなどの懸念点もあります。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却にあたり火災保険を解約するには?返金の有無や解約前の修繕も解説   記事一覧   遠方から不動産売却をする際に知っておきたい方法と注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約