森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 二世帯住宅の売却が難しい理由とは?売却時の注意点も解説!

二世帯住宅の売却が難しい理由とは?売却時の注意点も解説!

≪ 前へ|不動産売却でトラブルの原因になる残置物とは?残したまま売却する方法も!   記事一覧   別荘が売却しづらい理由とは?居住用との違いや近年の需要も解説!|次へ ≫

二世帯住宅の売却が難しい理由とは?売却時の注意点も解説!

二世帯住宅の売却が難しい理由とは?売却時の注意点も解説!

親世帯と子世帯がひとつ屋根の下で暮らす二世帯住宅ですが、状況の変化により売却を検討されることもあると思います。
しかし、二世帯住宅は売れにくいといわれているため、買い手が見つかるか心配される方も多いのではないでしょうか。
今回は、二世帯住宅のタイプや売却しづらい理由、売却する際の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

売却前に確認したい二世帯住宅のタイプとは?

二世帯住宅には、3つのタイプがあり、売却しようとしている住宅がどのタイプなのか確認しておきましょう。
まず、親世帯と子世帯が完全に分かれていて、水回りなどの設備もすべて別々になっているのが「完全分離型」です。
建物を上下に分けている場合と左右に分けている場合の2パターンがあり、世帯ごとのプライバシーが確保できるというメリットがあります。
これに対して、個室以外のスペースをすべて共用で使用するのが「完全同居型」です。
お互いのプライバシーを確保することはほとんどできませんが、ほかのタイプに比べて費用が安いという特徴があります。
そして、水回り設備など一部のみを共用で使用するのが「一部共用型」です。

二世帯住宅が売却しづらいといわれる理由とは?

二世帯住宅は一般的な住宅に比べて造りが凝っているため、建築にかかるコストが高めです。
そのため、売り出し価格が高くなってしまい、買い手が見つかりにくいという特徴があります。
また、二世帯住宅を希望されていても「自分たちのライフスタイルに合ったタイプの住宅ではない」といった理由で購入を見合わせるケースも少なくありません。
さらに「二世帯住宅が売りに出ているのは家族の誰かが亡くなったからではないか」と、心理的瑕疵物件である可能性を疑われてしまうケースもあります。
しかし、少子高齢化によって近年は二世帯住宅のニーズが増加してきているため、諦める必要はありません。

二世帯住宅を売却する際の注意点

親子の共同名義で二世帯住宅を購入している場合、売却する際に名義変更が必要になることがあります。
不動産売却の際には登記上の名義が売主のものになっていなければならないため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。
また、内覧の際にはできるだけ生活感を消すために、掃除や消臭などを徹底しておくことをおすすめします。
二世帯住宅だと子どもから高齢者までが同居するケースが多いため、一般的な住宅より生活感が出やすいという特徴があります。
それでも売れないようなら、シェアハウスや民泊経営など、住宅以外の活用方法も検討してみましょう。

二世帯住宅を売却する際の注意点

まとめ

売却しづらいといわれる二世帯住宅ですが、その良さをしっかりとアピールすることで高く早く売れる可能性は十分にあります。
そのためにも、二世帯住宅のタイプや売却する際の注意点をしっかり確認しておくと良いでしょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却でトラブルの原因になる残置物とは?残したまま売却する方法も!   記事一覧   別荘が売却しづらい理由とは?居住用との違いや近年の需要も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約