森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却でトラブルの原因になる残置物とは?残したまま売却する方法も!

不動産売却でトラブルの原因になる残置物とは?残したまま売却する方法も!

≪ 前へ|雑種地を売却する際の地目の確認方法や雑種地の売却方法とは?   記事一覧   二世帯住宅の売却が難しい理由とは?売却時の注意点も解説!|次へ ≫

不動産売却でトラブルの原因になる残置物とは?残したまま売却する方法も!

不動産売却でトラブルの原因になる残置物とは?残したまま売却する方法も!

不動産売却時に発生するトラブルのひとつに、残置物に関するものがあります。
そもそも残置物とは何なのか、なぜトラブルの原因になるのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、不動産売却でトラブルの原因になる残置物と残置物がある状態で不動産売却をおこなう方法などについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却を検討するなら確認しておきたい残置物とは? 

残置物とは、その物件の居住者が残した私物のことをいいます。
通常であれば不動産を売却する際には、私物を処分し、室内を空っぽの状態にしなければなりません。
しかし、事情によってはそのままの状態で引き渡しがおこなわれることも少なくありません。
一般住宅の場合、家具や家電・生活用品・エアコン・照明器具などの残置物が多くなっています。
残置物を残したまま不動産売却をおこなうとトラブルになる可能性が高いため、トラブルに発展する理由や回避するための方法を確認しておいたほうが良いでしょう。

不動産売却時に残置物があることで起こるトラブル 

不動産売却の際に残置物を巡ってトラブルになるのは、売主が所有権を手放していないことに原因がある場合が多くなっています。
売主が所有権を放棄しない限り、買主は残置物を勝手に処分できないのです。
どうしても売主に処分できない事情があるときは、買主に承諾してもらったうえで所有権を放棄する必要があります。
また、エアコンについてはとくにトラブルになりやすいので注意が必要です。
エアコンは取り外し作業が必要になるため「新居に持っていかず、残したまま売却したい」という売主も少なくありません。
その場合は買主の了承を得たうえで付帯設備表を作成し、売主と買主の間で「言った」「言わない」の食い違いが発生するのを防ぎましょう。

残置物を残したまま不動産売却をおこなう方法 

本来であれば不動産売却前に売主が自分で残置物を処分しますが、数万~数十万円の費用がかかることもあります。
状態によってはリサイクルショップなどに買取してもらう方法もありますが、買取に出すものと廃棄するものに仕分けするのも大変な作業になるでしょう。
そのため、残置物があっても売却できる不動産買取を選択するのがおすすめです。
通常より売却価格は安くなりますが、残置物ごと買い取ってもらえることは大きなメリットといえます。

残置物を残したまま不動産売却をおこなう方法 

まとめ

不動産売却において残置物があるとなぜトラブルに発展するのか、どうすればトラブルなく売却できるのかを事前に確認しておくのがおすすめです。
残置物ごと不動産を売却するには不動産会社による買取を利用する方法があるため、早めに検討してみると良いでしょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|雑種地を売却する際の地目の確認方法や雑種地の売却方法とは?   記事一覧   二世帯住宅の売却が難しい理由とは?売却時の注意点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約