森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 店舗併用住宅は売却可能?売りにくい理由や控除される特例とは?

店舗併用住宅は売却可能?売りにくい理由や控除される特例とは?

≪ 前へ|自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介   記事一覧   雑種地を売却する際の地目の確認方法や雑種地の売却方法とは?|次へ ≫

店舗併用住宅は売却可能?売りにくい理由や控除される特例とは?

店舗併用住宅は売却可能?売りにくい理由や控除される特例とは?

店舗併用住宅の売却を検討する場合、そもそも売却が可能なのかを知っておく必要があります。
店舗併用住宅は売れにくいと言われていますが、なぜそのように言われるのでしょうか?
今回は、店舗併用住宅の売却する際、売却しにくい理由や売却時利用できる特例などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

店舗併用住宅の売却は可能なのか

店舗併用住宅は、一般的に「居抜き」で売却するため、売却できないことはありません。
居抜きとは、もともと備えていた設備などを残したまま売却することです。
もし、買主が同種の職業をしているのであれば、新しく設備を購入する必要がないため、コスト削減につながるでしょう。
売主にとっても、リフォームやリノベーション代金が必要ない点は大きなメリットになります。
特定の業種に喜ばれるという意味では、ターゲット層は狭いですが店舗併用住宅というだけで売れないことはありません。

店舗併用住宅が売却しにくいと言われる理由について

店舗併用住宅が売却しにくいと言われる理由は、同業者でないと住むのに使い勝手が悪いという点が挙げられます。
住居にするには広すぎたり、あるいはレイアウトしにくい部屋になることもあります。
逆に、店舗のみとして活用するにはリフォームをしないと生活感がありすぎることも理由のひとつです。
そして最大のネックといってもいいのが、買主が住宅ローンを組めるのは住宅部分のみという点です。
仕事をおこなう場所に住宅ローンを組むことができないため、欲しくても購入できない方も少なくありません。
以上の理由で、店舗併用住宅はあまり需要がなく、売却しにくいと言われているのです。

店舗併用住宅の売却時に所得税が控除される特例について

次に、店舗併用住宅を売却できた際に、所得税が控除される特例をご紹介します。
店舗併用住宅は、実は住居用財産に含まれるので、譲渡所得税の控除が受けられます。
そして居住部分においては、3,000万円特別控除の特定が認められることも覚えておきましょう。
一般の住宅とは異なる点があるものの、所得税を控除できる特例が使えるため、しっかり確認しておきましょう。

店舗併用住宅の売却時に所得税が控除される特例について

まとめ

店舗併用住宅は売れにくいと言われているのは、使い勝手が悪い点と、店舗部分に住宅ローンは組めない点です。
しかし、売れにくいと言えど需要がまったくないわけではないため、同業者の方などに声をかけてみるのも良いでしょう。
特定の限られたターゲットにはなりますが、売れるまで不動産会社と連携を取り、買主探しをすれば案外早く見つけることも可能です。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介   記事一覧   雑種地を売却する際の地目の確認方法や雑種地の売却方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約