森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介

自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介

≪ 前へ|不動産売却時に確認したい固定資産税評価額の計算方法やほかの評価額もご紹介   記事一覧   店舗併用住宅は売却可能?売りにくい理由や控除される特例とは?|次へ ≫

自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介

自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介

自己破産を検討している際に、所有している不動産を売却して債務の減額が出来ないか考えている方は少なくありません。
不動産売却をおこなった場合、多くの利益が見込めます。
今回は自己破産をおこない不動産の売却をする場合、売却するタイミングやメリットなどについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

自己破産に伴う不動産売却のタイミングとは?

自己破産に伴う不動産売却はどのタイミングでおこなうと良いのでしょうか。
売却方法には2つのパターンがあります。
1つは裁判所が選任した破産管財人が売却をおこなうケースです。
自己破産後に破産管財人が売却をおこない債務の支払いに充てることになります。
もう1つは、破産管財人が選任されず自分で売却をおこなうケースです。
こちらは例外であることが多く、住宅ローンの残高が売却価格を上回った場合に適用されます。
このような場合は、自己破産をおこなう前に弁護士への相談が必要です。
また、自己破産前に売却する場合は、自分自身でおこないます。

自己破産前に不動産売却をおこなうメリットとは?

事前に不動産を売却するメリットとはどのような点でしょうか。
1つ目のメリットは、不動産売却費用を売却価額に含めることができる点です。
仲介手数料などを含めた価額で売却できるため、自己負担を減らすことができます。
2つ目は、自己破産後の売却価格と比べ高く売却することができます。
自己破産後に売却する場合は、競売で売却されるため一般的な市場価格より低くなります。
しかし、事前に自分で売却する場合は、一般の市場価格で売却できるため、高く売却することが可能です。
ただし、財産隠しという罪に問われる可能性があるため注意が必要です。

自己破産前の不動産売却方法に関わるローン返済状況とは?

このような場合、どのような影響があるのでしょうか。
売却予定の不動産のローンが返済済みであれば、通常の不動産売却で問題ありません。
しかし、ローンの返済が終わっていない場合は、任意売却となります。
任意売却とは、返済が滞っていたり、売却額でローン残債を抹消が不可の不動産を金融機関の合意を得て売却するという方法です。
任意売却をおこなう際の注意点は、必ず金融機関の合意を得ることです。
合意がないと売却できない方法のため、必ず合意が必要です。
金融機関との合意がないと売却できないため、必ず合意が必要です。

自己破産前の不動産売却方法に関わるローン返済状況とは?

まとめ

自己破産後の不動産売却のタイミングやメリットについてご紹介してきました。
自己破産した場合、売却のタイミングや売却方法、売却した際の金額なども大きく異なります。
タイミングによって罪に問われる可能性もあるため、自己破産を検討している場合は、一度弁護士さんへ相談すると良いでしょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時に確認したい固定資産税評価額の計算方法やほかの評価額もご紹介   記事一覧   店舗併用住宅は売却可能?売りにくい理由や控除される特例とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約