森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における媒介契約とは?種類ごとのメリットや注意点もご紹介

不動産売却における媒介契約とは?種類ごとのメリットや注意点もご紹介

≪ 前へ|不動産売却に関わる税金の種類とは?譲渡所得税の計算方法や節税方法もご紹介   記事一覧   不動産売却時に確認したい固定資産税評価額の計算方法やほかの評価額もご紹介|次へ ≫

不動産売却における媒介契約とは?種類ごとのメリットや注意点もご紹介

不動産売却における媒介契約とは?種類ごとのメリットや注意点もご紹介

不動産売却の仲介を依頼する不動産会社と売主の間で媒介契約を結ぶ必要があります。
媒介契約には3つの種類があり、それぞれ異なる特徴があるため、慎重に比較して決めることが大切です。
今回は、不動産売却における媒介契約の種類やメリット・注意点にはどのようなものがあるのかを解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に締結する媒介契約の種類とは?

媒介契約とは、不動産売却の仲介を依頼する不動産会社と売主との間で締結する契約のことです。
「どのような売却活動をおこなうのか」「報酬はどうするのか」というような約束事を取り決めるために契約を結びます。
宅地建物取引業法により、依頼者が不利にならないように媒介契約を締結することが義務付けられているのです。
媒介契約には一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。
種類ごとのメリットや注意点を確認したうえで、自分に合った媒介契約を選ぶようにしましょう。

不動産売却時の媒介契約それぞれのメリット・デメリット

一般媒介契約は一度に数社の不動産会社に仲介を依頼できるため、幅広く売却活動できるのがメリットです。
ただし、売主に対する販売状況の報告が義務付けられていないので、売却活動がどこまで進んでいるのかを把握するのが難しいでしょう。
専任媒介契約は仲介を依頼できるのが1社に限られており、積極的な売却活動が期待できるのがメリットです。
しかし、売主への販売状況の報告は14日に1回以上と定められているため「頻度が低い」と感じる方も多いのではないでしょうか。
専属専任媒介契約は販売状況の報告が7日に1回以上なので状況を把握しやすいというメリットがありますが、売主が自分で買主を見つけられないことなどもっとも厳しい制限が設けられています。

不動産売却時の媒介契約を選ぶポイントや注意点

一般媒介契約を選べば売主も比較的自由に自分で売却活動をおこなえます。
しかし、契約したすべての不動産会社に内見の日時や広告の方向性などがしっかり伝わっていないと、希望どおりの売却ができなくなってしまう可能性があります。
そのため、不動産売却を確実に進めていきたければ、専任媒介契約か専属専任媒介契約を選んだほうが安心です。
どちらの契約もより積極的な売却活動が期待できるため、希望に沿った売却が実現する可能性が高くなるでしょう。

不動産売却時の媒介契約を選ぶポイントや注意点

まとめ

不動産売却時に不動産会社と締結する媒介契約には3つの種類があるため、それぞれのメリットとデメリットをしっかり確認しておきましょう。
納得のいく不動産売却ができるように、媒介契約の種類を選ぶポイントや注意点もチェックしておくことをおすすめします。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却に関わる税金の種類とは?譲渡所得税の計算方法や節税方法もご紹介   記事一覧   不動産売却時に確認したい固定資産税評価額の計算方法やほかの評価額もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約