森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資における確定申告とは?必要書類や節税方法も解説!

不動産投資における確定申告とは?必要書類や節税方法も解説!

≪ 前へ|中古ワンルームマンション投資のメリットやリスクについてご紹介   記事一覧   土地の建ぺい率と容積率とは?緩和規定も解説!|次へ ≫

不動産投資における確定申告とは?必要書類や節税方法も解説!

不動産投資における確定申告とは?必要書類や節税方法も解説!

不動産投資において、税金の問題は避けて通れません。
投資における税金については確定申告が必要ですが、そもそも確定申告がどのようなものかわからない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産投資に関する確定申告について解説します。
手続き時の必要書類や節税方法もあわせてご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資における確定申告とは

給与による収入の所得税額は勤務先でおこなわれる年末調整によって確定するので、基本的に確定申告をおこなう必要はありません。
しかし、不動産投資によって給与以外の所得が20万円を超える場合には、確定申告が必要です。
ほかに、給与額面が年間で2,000万円を超える方についても、確定申告をおこなう必要があります。
ちなみに、所得とは収入から費用を差し引いた利益を指し、不動産投資においては、投資によって得た収入から必要経費を引いた利益部分が所得です。
確定申告は、まず日々の収入・支出を記帳した決算書の作成から始めます。
その後に確定申告書を作成し、必要書類とともに提出して申請手続きをおこなうのが、基本的な流れです。

不動産投資における確定申告の必要書類とは

確定申告にあたっての必要書類は、まず不動産に関する書類です。
不動産売買契約書や賃貸借契約書のほか、管理会社へ委託している場合は、家賃の送金明細書も必要です。
また、経費関連の書類もそろえる必要があります。
税金の納税通知書やローンの返済表、管理費やメンテナンス代の領収書などです。
そして控除に関わる書類として、損害保険料の証券や領収書などが必要になります。
会社員をしながら不動産投資をおこなっている場合は、投資で赤字が生じた場合に損金を給与所得と損益通算できるため、源泉徴収票も取得しておきましょう。

不動産投資における確定申告で節税する方法とは

不動産投資によって得た収入の確定申告で節税するには、減価償却費が大きなポイントです。
減価償却費とは、不動産の取得費用を定められた耐用年数で分割し、それを経費として計上したものを指します。
劣化することのない土地に減価償却は適用されませんが、建物は構造ごとに耐用年数が決められており、経費として計上可能です。
経費が増えると課税所得が減るので、結果的に所得税が少なくなって節税できるでしょう。
お金が実際に動かずとも経費として計上するので、減価償却費は節税において重要な役割を担います。

不動産投資における確定申告で節税する方法とは

まとめ

以上、不動産投資における確定申告について解説しました。
不動産投資によって給与以外の所得が20万円を超えた場合には、確定申告が必要なので、必要書類をそろえて申請手続きをおこないましょう。
建物に関しては、減価償却によって取得費を経費として計上し、節税できます。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|中古ワンルームマンション投資のメリットやリスクについてご紹介   記事一覧   土地の建ぺい率と容積率とは?緩和規定も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約