森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 農地が売却しづらい理由を解説!それでも売却する方法やかかる費用は?

農地が売却しづらい理由を解説!それでも売却する方法やかかる費用は?

≪ 前へ|家の売却に用いられるホームステージングとは?メリットや費用も解説!   記事一覧   不動産売却における分筆とは?メリット・デメリットや方法も解説!|次へ ≫

農地が売却しづらい理由を解説!それでも売却する方法やかかる費用は?

農地が売却しづらい理由を解説!それでも売却する方法やかかる費用は?

近年、後継者不足などが原因で農地の売却を検討される方が増えています。
「農地は売却しづらい」といわれていますが、その理由にはどのようなものがあるのかご存じでしょうか。
今回は、農地が売却しづらい理由や売却するための方法・売却にかかる費用について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

農地が売却しづらいのはなぜ?

農地の売却については農地法による制限があるため、一般的な宅地を売却するより難しいといわれています。
国土面積の小さな日本では食糧を供給するための農地が重要な役割を果たしており、その保全のために簡単には売却できないようにしているのです。
まず農地を買う側も専業農家、もしくは農業生産法人でなければなりません。
それ以外の相手に売却したいときは、土地の用途を変更できるかどうか確認する必要があります。
さらに農地として売る場合も農地以外として売る場合も、農業委員会の許可が必要です。
まずは許可を得るための条件には、どのようなものがあるのかを調べておきましょう。

農地を売却する方法は?

農地を売却する際は、まず農地として売るのか転用して売るのかを決める必要があります。
農地として売る場合でも簡単ではなく、買い手となる専業農家や農業生産法人が決められた要件を満たしているか確認が必要です。
なかなか買い手が見つからず売却が長期化しそうな場合は、転用を検討したほうが良いでしょう。
転用の許可を得るには、「立地基準」と「一般基準」とよばれる2つの基準審査をクリアしなければなりません。
立地基準では農地に向いている土地は許可が下りにくく、市街地に近い農地ほど許可が下りやすいのが特徴です。
また立地基準を満たしていても、一般基準で「周囲の農地に影響を与える」と判断された場合は許可が下りないこともあります。

農地売却にかかる費用は?

農地の売却には一般の土地を売却するときと同じく、諸費用や税金がかかります。
まず諸費用は、不動産会社に支払う仲介手数料や行政書士費用などです。
仲介手数料は農地の売却価格に応じて金額が決まるため、確認しておくと良いでしょう。
行政書士費用は、登記申請を行政書士に依頼した場合にかかります。
税金については譲渡所得税や住民税・印紙税・抵当権抹消登記の登録免許税などがありますが、減税制度が適用されることもあるので調べてみるのがおすすめです。

農地売却にかかる費用は?

まとめ

農地は売却しづらいといわれる理由を確認したうえで、どのような方法なら売却できるのかをチェックしてみると良いでしょう。
一般の土地を売るときと同じように売却時には諸費用や税金がかかるため、事前に確認しておくと安心です。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家の売却に用いられるホームステージングとは?メリットや費用も解説!   記事一覧   不動産売却における分筆とは?メリット・デメリットや方法も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る

来店予約