森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入時に気を付けたい日影規制とは?

土地の購入時に気を付けたい日影規制とは?

≪ 前へ|賃貸物件で気を付けたい瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵の違いをご紹介   記事一覧   大阪府森ノ宮にあるこってり系・あっさり系でおすすめのラーメン屋をご紹介!|次へ ≫

土地の購入時に気を付けたい日影規制とは?

土地の購入時に気を付けたい日影規制とは?

土地を購入しマイホームを建てる際、用途地域などによって建築物の高さを制限されることがあります。
土地の購入を検討している方に向けて、日影規制とは何か、日英規制の仕組みや注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

日影規制とは?

日影規制とは、建築物によって周辺の建物に日が当たらないことがないように建物の高さを制限する規制です。
読み方は「にちえいきせい」や「ひかげきせい」で、建物を建築した際に近くの住宅の日照が妨げられないようにするための制限です。
日影規制の背景としては、1970年代に高層マンションが次々と建築されたときに全く日が当たらないとして日照権をめぐる訴訟が多発したことから定められました。
規制が適用される建物は用途地域の種類によって異なります。
用途地域は、より良い街づくりのために土地の使い道によって分けられた13種類の区分で、建築できる建物の種類などを制限しています。
たとえば第一種・第二種低層住居専用地域や田園住居地域は、軒の高さが7mを超える建築物や地上3階建ての建築物が規制対象です。

日影規制の注意点は?

土地を購入する前に日影規制の注意点を確認しておきましょう。
たとえば、3階建ての住宅を建てる場合、第一種・第二種低層住居専用地域だと日影規制の対象となるため注意が必要です。
日影規制では、日照条件の悪い冬至日の8時から16時までの間に、地方公共団体の定めた規制時間の限度以上に日影にならないようにする規定が定められています。
常に日が当たることを想定されたものではないため、土地購入時には周辺環境や将来的に建物が建つ可能性も考えておく必要があります。
また、軒の高さ7m未満や2階建ての建築物は規制がありません。
そのため、場所によっては隣りの建物によって日が当たらない可能性もあることも注意しなくてはならないでしょう。

日影規制以外に知っておきたい北側斜線制限とは

日影規制と同じように、用途地域によって制限を設けているのが「北側斜線制限」です。
たとえば、敷地の南側に隣り合う住宅があり、境界線ギリギリに建てられていると日当たりが悪くなることが考えられます。
そのため、敷地の北側の日照を確保するために、建物の高さを制限したものです。
第一種・第二種低層住居専用地域、第一種・第二種中高層住居専用地域、田園住居地域に制限がかかります。
北側斜線制限は、北側の土地の日当たりが良い場合やさほど気にする必要がない状況であれば、条件が緩和されることもあります。
自宅の敷地の地盤が北側隣地より1m以上低い場合などは緩和措置が取られ、通常よりも少し高い建築物を建てることも可能です。

日影規制以外に知っておきたい北側斜線制限とは

まとめ

日影規制は、周りの住宅がずっと日影とならないよう建築物の高さを制限した規制です。
日影規制以外に建物の高さを制限する規制しているものに、北側斜線制限があります。
用途地域の種類によって規制の内容が異なるため、土地を購入する際にしっかり確認しておきましょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件で気を付けたい瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵の違いをご紹介   記事一覧   大阪府森ノ宮にあるこってり系・あっさり系でおすすめのラーメン屋をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る

来店予約