森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で気を付けたい瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵の違いをご紹介

賃貸物件で気を付けたい瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵の違いをご紹介

≪ 前へ|賃貸借契約の申し込みキャンセルのタイミングごとの対応とは   記事一覧   土地の購入時に気を付けたい日影規制とは?|次へ ≫

賃貸物件で気を付けたい瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵の違いをご紹介

賃貸物件で気を付けたい瑕疵物件とは?物理的・心理的瑕疵の違いをご紹介

瑕疵物件という言葉を目にしたことはありますか?
事故物件や訳アリ物件といわれることの方が多いかもしれません。
賃貸物件をお探しの方に向けて、瑕疵物件とはどんな物件なのか、種類ごとにご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における瑕疵物件とは?

「瑕疵物件」とは対象物件に借主や所有者といった当事者が簡単には予想できないような重い欠陥がある状態を言います。
読み方は「かしぶっけん」で、訳アリ物件や事故物件と呼ばれることもあります。
瑕疵物件の種類は物理的・心理的・法律的・環境的瑕疵の4つです。
法律的瑕疵は建築基準法や消防法などに違反しているケースで、法律施行前の古い建物によくみられます。
環境的瑕疵は、周辺に指定暴力団事務所やカルト宗教の施設など、生活するうえで悪影響がある場所の物件です。
人によって感じ方は変わるため瑕疵の基準を設定するのは難しいのですが「一般の人が瑕疵と感じるもの」が定義とされています。

賃貸物件における物理的瑕疵物件とは?

物理的瑕疵物件は、土地建物に重い欠陥がある物件とされています。
たとえば、土地は地盤沈下や土壌汚染、地中に障害物がある場合などです。
建物だと雨漏りや水漏れ、ひび割れ、床下浸水などなどが該当します。
建物に関しては目に見えるので比較的分かりやすいでしょう。
また、建物を調査するインスペクションを依頼すると正確に調べてもらうことが可能です。
瑕疵がある場合は、宅地建物取引業者は賃貸借契約時に説明する告知義務があります。
口頭説明はもちろんのこと、契約書や重要事項説明書に「告知事項あり」と記載が必要です。
ただし、リフォームなどで瑕疵が解消されると告知の必要はありません。

賃貸物件における心理的瑕疵物件とは?

借主の居住に直接問題があるわけではないが、心理的抵抗があるものが心理的瑕疵物件です。
人によって心理的な受け止め方が違うこともあり、現在のところ明確な基準はありません。
一般的には以前の住人が孤独死や自殺、他殺などにより物件内で死亡した場合を指すケースが多いでしょう。
こちらも告知義務がありますが、告知はいつまで必要なのでしょうか?
賃貸物件での心理的瑕疵の告知期間は、発生から3年間程度と考えられています。
また、賃貸物件は入居者が複数回入れ替わることもありますので、瑕疵が発生した後に入居した人が退去して以降は告知義務がなくなるともいわれています。

賃貸物件における心理的瑕疵物件とは?

まとめ

瑕疵物件には4種類あり、どの種類でも契約時に借主へ瑕疵の理由を伝える告知義務が発生します。
瑕疵を知っていながら告知しなかった場合は告知義務違反となります。
ただし、年数の経過や入居者の入れ替わりによっては告知義務の必要がなくなる場合もあります。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸借契約の申し込みキャンセルのタイミングごとの対応とは   記事一覧   土地の購入時に気を付けたい日影規制とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る

来店予約