森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 二人暮らしにとってベストな間取りをご紹介

二人暮らしにとってベストな間取りをご紹介

≪ 前へ|部屋選びのポイント!「鬼門」「裏鬼門」など方角のメリット・デメリットをご紹介   記事一覧   オートロック付きの賃貸物件に住む時の注意点をご紹介|次へ ≫

二人暮らしにとってベストな間取りをご紹介

二人暮らしにとってベストな間取りをご紹介

二人暮らしを検討した際に、必要な部屋数について悩む方も多いでしょう。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、これらを考慮する必要があります。
今回は、これから二人暮らしを検討している方向けに、二人暮らしにおすすめな間取りをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

二人暮らしの同室で住む際のメリットや注意点

同棲など二人で暮らす場合の部屋の広さは、1LDKくらいが適切です。
二人で一緒に過ごしやすい点がメリットと言えます。
一方で、リモートワークなどをするには向かない点がデメリットに挙げられます。
リモートワークをするほうもやりにくいですし、していないほうも気を遣って静かにしていなければならないでしょう。
1DKや1Kも候補に挙がるかもしれません。
1DKや1Kは家賃を抑えられる利点がありますが、一人暮らし専用が多く、二人では住めない物件がほとんどとなっています。

二人暮らしの別室で住む際のメリットや注意点

では、2DKや2LDKなど別室で住む場合のメリットや注意点について見ていきましょう。
まずメリットは、リモートワークをする場合やプライベートな空間が確保できる点です。
二人暮らしはするけれど、自分だけの時間も大切にしたいと考える方は増えています。
デメリットは、部屋数が多い分、家賃が高くなってしまうことです。
程度にもよりますが、家賃をできるだけ抑えたいと考える場合に、別室で住むのは難しくなるかもしれません。

子どもを作る場合に最適な部屋数

同室で暮らすにせよ別室で暮らすにせよ、もし将来的に子どもを作ることを想定するならば、間取りも注意しなければなりません。
子どもがまだ小さい場合は、1LDKでも十分なケースがほとんどです。
ただし、子どもがある程度大きくなれば、子ども部屋が必要になるでしょう。
子ども部屋を用意する場合、後付けできる仕切りで子ども部屋(スペース)を作ってみるのも一つの方法です。
簡単なリフォームで事足りるのであれば、将来的により広い間取りの物件に引っ越さなくて済みます。
どうしてもスペースが足りない、子どもが2~3人と増えてきた場合などは、2LDK・3LDKなどの広い物件に住むことを検討しても良いでしょう。

子どもを作る場合に最適な部屋数

まとめ

二人暮らしを同室・別室で住むメリットとデメリットをご紹介しました。
二人暮らしを始めるときには、ある程度将来のことも考えて物件探しをすることが重要です。
基本的に1LDK以上がおすすめですが、お互いの希望する条件を踏まえて最適な間取りを選択してみてください。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|部屋選びのポイント!「鬼門」「裏鬼門」など方角のメリット・デメリットをご紹介   記事一覧   オートロック付きの賃貸物件に住む時の注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約