森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンが返済不可になった場合の対処法とは?競売前に任意売却を検討

住宅ローンが返済不可になった場合の対処法とは?競売前に任意売却を検討

≪ 前へ|賃貸物件にあってほしい人気設備とは?一人暮らしやファミリーに分けてご紹介   記事一覧   不動産の現金一括購入のメリット・注意点・費用をわかりやすくご紹介|次へ ≫

住宅ローンが返済不可になった場合の対処法とは?競売前に任意売却を検討

住宅ローンが返済不可になった場合の対処法とは?競売前に任意売却を検討

住宅ローンを利用して夢のマイホームを購入したものの、長い人生途中で何が起こるかわかりません。
住宅ローンの借り入れ当初は順風満帆だった仕事も、景気や病気が原因でリストラされたりリタイアしたりする可能性もあります。
しかし、住宅ローンの返済が滞ったままになるとブラックリストに載るほか、競売にかけられて強制退去させられてしまいます。
ここでは、そうなる前に取るべき対処法や競売になった場合の流れ、検討すべき任意売却のメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンが返済不可の状態に陥った場合に取るべき対処法

なんらかの事情で収入が激減して、当初の計画通りに住宅ローンを返済するのが難しくなった場合、返済を何か月も滞納しまう前にまずは金融会社に相談してみましょう。
やむを得ない事情の場合、金融機関によっては月々の返済額を減らすよう見直してくれる可能性もあります。
いずれにしても、返済が滞納していると競売にかけられてしまうため、まずは一度相談してみることをおすすめします。

住宅ローンが返済不可となった場合の競売までの流れとは

住宅ローンを滞納して約3か月経つと督促状が届きます。
そのまま約6か月滞納し続けていると、金融機関から保証会社へ一括支払い請求がおこなわれた後、保証会社が競売を申し立てることになります。
競売が始まると、次の引っ越し先の準備や資金の準備など如何なる事情があったとしても強制的に退去させられるほか、周囲にも住宅ローンを滞納していたことがバレるなどのデメリットがあるため、覚悟しておきましょう。

住宅ローンが返済不可になったら任意売却を検討

任意売却とは、住宅ローンが残るオーバーローンの状態でも金融機関の承諾を得ることで売却する方法です。
任意売却のメリットは、通常の売却同様の販促活動ができるため、相場に近い価格で売却できる可能性があることと、住宅ローンの滞納を周囲に知られずに済むことです。
競売にかけられるよりも高く売却できるため、住宅ローンの返済に充てる資金も増えます。
また、退去のスケジュールもある程度融通が利くため、競売にかけられてしまう前にまずは任意売却を検討しましょう。

住宅ローンが返済不可になったら任意売却を検討

まとめ

住宅ローンの返済を滞納し続けていると、競売にかけられてマイホームを失った後は多額の借金が残ってしまいます。
そうなる前に、まずは任意売却できないかどうか不動産会社や金融機関に相談することが大切です。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件にあってほしい人気設備とは?一人暮らしやファミリーに分けてご紹介   記事一覧   不動産の現金一括購入のメリット・注意点・費用をわかりやすくご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約