森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 住宅購入時に親からの援助を受ける際の注意点!いくらまでが非課税?

住宅購入時に親からの援助を受ける際の注意点!いくらまでが非課税?

≪ 前へ|マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説   記事一覧   賃貸物件にあってほしい人気設備とは?一人暮らしやファミリーに分けてご紹介|次へ ≫

住宅購入時に親からの援助を受ける際の注意点!いくらまでが非課税?

住宅購入時に親からの援助を受ける際の注意点!いくらまでが非課税?

住宅購入の際に親から援助を受ける方は少なくありません。
ただし、資金援助を受ける際には税金の問題も関係してくるため、さまざまな点に注意が必要です。
今回は、住宅購入時に親から資金援助を受けたいときの頼み方や、非課税になる金額の範囲・申告の必要性などについてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅購入!親からの資金援助の頼み方は?

全体のうち75%の方が、住宅購入時に親から資金援助を受けていることがわかっています。
援助額は800万円が平均です。
しかし実際のところ、住宅を購入したいと思っていても自分から援助をお願いするのは抵抗があるのではないでしょうか。
多くの場合は、親のほうから援助を申し出てくれているようですが、そうでない場合は頼み方に注意が必要です。
たとえば、「親の家の近くに家を建てたい」というように、親にとってもメリットのある話をしてみると良いでしょう。
また、最初から援助してもらうつもりでいるのではなく、借りるつもりで話を持ち掛けるのもおすすめです。

住宅購入!親から援助を受けても非課税で収まる範囲は?

たとえ親子であっても、人からお金をもらうと贈与税が発生します。
贈与税の課税対象になるのは、1年間に受け取った合計額が110万円以上になるときです。
ただし、住宅購入が目的である場合は「住宅取得等資金贈与の特例」が適用され、非課税枠の範囲が広がります。
さらに、一定基準以上の耐震性能・省エネ性能・バリアフリー性能を満たす住宅を購入するという条件であれば、優遇措置を受けることが可能です。
通常の場合より非課税額が500万円アップするため、事前にしっかり確認しておくと良いでしょう。

住宅購入!親から住宅購入費用の援助を受けるときの注意点 

贈与税が発生するのを防ぐために資金援助を受けたことを隠そうとする方もいますが、税務署の調査が入れば発覚してしまうことなので、110万円以上の援助を受けた場合や非課税特例を利用した場合は、確定申告しましょう。
また、資金援助を受けていると相続の際に利用できない特例が出てきたり、遺産分割で揉め事が発生したりする可能性もあることにも注意が必要です。
さらに、税務署の調査が入ったときのために、贈与を受けた際には契約書を作成して正確な贈与額を明らかにしておくと良いでしょう。

住宅購入!親から住宅購入費用の援助を受けるときの注意点 

まとめ

住宅購入の際に親から資金援助を受けることは珍しくありませんが、非課税枠や利用できる特例についてしっかり調べておくことが大切です。
たとえ親であっても資金援助を受ける際にはさまざまな注意点があるため、事前に確認しておきましょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説   記事一覧   賃貸物件にあってほしい人気設備とは?一人暮らしやファミリーに分けてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約