森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説

マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説

≪ 前へ|中古住宅をオール電化にリフォームするために必要な設備とは?   記事一覧   住宅購入時に親からの援助を受ける際の注意点!いくらまでが非課税?|次へ ≫

マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説

マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説

マイホーム購入時には多くの方が住宅ローンを組みますが、審査にとおるためには条件をクリアしなければなりません。
さまざまな種類の住宅ローンがあるなかで、より多くの人が利用しやすいのが「フラット35」です。
今回は、フラット35とはどのような住宅ローンなのかを、利用条件やデメリットも含めてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入!フラット35とは? 

フラット35とは、独立行政法人である住宅金融支援機構が母体となり、民間の金融機関と提携して提供する住宅ローンです。
名前のとおり、返済期間は最長35年に設定されています。
民間ローンと異なり、フラット35の場合は固定金利しか選べません。
そのため、フラット35に向いている人とそうでない人で分かれます。
このほかにも、保証人が不要なことや、団体信用生命保険に加入しなくても利用できることなどがフラット35の特徴です。
なお最近では、省エネルギー性や耐震性の高い住宅を購入する際に利用できる「フラット35s」も注目を集めています。

マイホーム購入時にフラット35を利用するための条件は? 

マイホーム購入の際にフラット35を利用するためには、契約者に関する条件と住宅に関する条件をクリアしていなければなりません。
契約者に関しては、申し込み時の年齢が70歳未満であることや日本国籍を有していること以外にも、返済負担率が基準値以下であることが求められます。
この基準値は年収によって変わるため、事前によく確認しておきましょう。
一方、住宅に関しては、技術水準を満たしていることのほか、床面積の要件も定められています。
前述したように、より高い水準の住宅を購入する場合は、金利が一定期間引き下げられる「フラット35s」も利用可能です。

マイホーム購入時にフラット35を利用するデメリットは?

フラット35のデメリットとして、頭金の額が少ないと金利が高くなることが挙げられます。
頭金が1割未満だと金利が高くなるため、なるべく1割以上用意するのがおすすめです。
また、フラット35は保険料が不要ですが、代わりに融資手数料はかかります。
金額は金融機関によりますが、借り入れ額の2%ほどになる場合がほとんどです。
さらに、利用条件を満たしていることを証明するための書類は、用意するためにお金がかかります。
そういったデメリットが問題にならない場合は、フラット35の利用を検討してみると良いでしょう。

マイホーム購入時にフラット35を利用するデメリットは?

まとめ

マイホーム購入時に住宅ローンを組む際には、フラット35についてチェックしてみるのがおすすめです。
もちろんメリットだけでなくデメリットや注意点もあるため、まずは自分に向いているのかを確認すると良いでしょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|中古住宅をオール電化にリフォームするために必要な設備とは?   記事一覧   住宅購入時に親からの援助を受ける際の注意点!いくらまでが非課税?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約