森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅をオール電化にリフォームするために必要な設備とは?

中古住宅をオール電化にリフォームするために必要な設備とは?

≪ 前へ|不動産売却の住民税とは?住民税発生の条件や時期および計算方法について解説   記事一覧   マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説|次へ ≫

中古住宅をオール電化にリフォームするために必要な設備とは?

中古住宅をオール電化にリフォームするために必要な設備とは?

中古住宅を購入して住みやすいようにリフォームをする場合、オール電化の導入を検討される方も多いのではないでしょうか。
オール電化にリフォームするには、どのような設備が必要なのかを確認しておく必要があります。
今回は、オール電化に必要な設備や電気温水器とエコキュートの違い、オール電化にした場合の電気代について詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅をオール電化にリフォームするのに必要な設備 

私たちは生活するうえで、電気やガス・石油など、さまざまなエネルギーを使用しています。
そのすべてのエネルギーを電気でまかなうシステムが、オール電化です。
オール電化住宅には、電気を使うためのさまざまな設備が必要になります。
まず、キッチンにはIHクッキングヒーターを、そして給湯器として電気温水器またはエコキュートを設置しなければなりません。
そのほかには、電気式の床暖房や蓄熱暖房機、太陽光発電システムなどがあればさらに電気代の節約に効果的です。

電気温水器とエコキュートの違いとは?

電気給湯器には電気温水器とエコキュートの2種類があるため、それぞれの特徴や違いを確認しておきましょう。
この2つは、お湯を沸かす仕組みに違いがあります。
電気温水器は貯水タンクに入っているヒーターの熱を利用してお湯を沸かしますが、エコキュートは電気の熱だけでなく、空気の熱も利用するのが特徴です。
その分、エコキュートのほうが少ないエネルギーで効率良くお湯を沸かせます。
ただし、本体価格はエコキュートのほうが高額で、工事費用も含めて電気温水器の倍以上かかるケースも珍しくありません。
その点も考えたうえで、どちらを選ぶと良いのか慎重に検討しましょう。

中古住宅をオール電化にリフォームした場合の電気代は?  

中古住宅でガス・電気併用にする場合とオール電化にする場合とでは、月々の電気代や維持費用はどのくらい違ってくるのでしょうか。
オール電化にした場合の平均電気代は、月1万6,000円前後です。
ガス・電気併用の場合は月の電気代平均が1万円前後で、これにガス代をプラスして比較すると、やはりオール電化のほうが安く済みます。
ただし、オール電化にリフォームする際には高額な初期費用がかかり、設備のメンテナンス代などの維持費用も必要です。
そのことも踏まえて、オール電化にしたほうがお得なのかじっくり考えてみましょう。

中古住宅をオール電化にリフォームした場合の電気代は?  

まとめ

中古住宅を購入してオール電化にリフォームする際には、必要な設備についてしっかり調べておくことをおすすめします。
電気代が安くなるかどうかについては契約する電力会社やプランによっても異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却の住民税とは?住民税発生の条件や時期および計算方法について解説   記事一覧   マイホーム購入時におすすめのフラット35!利用条件やデメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約