森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の原状回復とは?フローリングの修繕について解説!

賃貸物件の原状回復とは?フローリングの修繕について解説!

≪ 前へ|賃貸物件に関する用語のひとつ!専有面積の概要や計算方法とは?   記事一覧   24時間ゴミ出し可能な賃貸物件のメリットとデメリットをご紹介|次へ ≫

賃貸物件の原状回復とは?フローリングの修繕について解説!

賃貸物件の原状回復とは?フローリングの修繕について解説!

賃貸物件を借りていて、退去するときには原状回復を求められます。
では、フローリングに汚れや変色があった場合、修繕費用は借主が支払う必要があるのかどうか気になりませんか?
この記事では、賃貸物件の原状回復義務とはどういうものか、また原状回復におけるトラブルについて解説します。
合わせて、経年劣化はどこまで認められるのかや原状回復費が入居者の負担になる一般的なケースまでご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の原状回復義務とは?ガイドラインをご紹介

賃貸物件を退去するとき、通常は原状回復する必要があります。
では、原状回復義務とはどのようなものかご存じでしょうか?
原状回復は、借りたときの状態に戻すことと思われる方も多いかもしれません。
しかし、実は少し異なる点があります。
原状回復とは、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損(きそん)を復旧すること」と定義されています。
つまり、借主が故意や過失、注意を怠ったことにより傷や汚染を生じさせた場合のみ復旧費用を負担することです。
これは、賃貸物件の退去時に敷金返済のトラブルが多いことから決められたガイドラインに載っています。
このガイドラインは「原状回復におけるトラブルとガイドライン」で1998年に国土交通省が発表したものです。

どこまで経年劣化は認められる?

どこまで経年劣化は認められるか、原状回復費が入居者の負担になる一般的なケースをご紹介します。
床やフローリングの場合、借主が原因ではない日光による日焼けなどは経年劣化となります。
家具の設置は必然的と考えられているので、家具の設置によるへこみは経年劣化に含まれます。
濡れたタオルやマットを放置して床が変色した場合や長期間掃除しなかったことによって床にカビが生えた場合などは借主負担になります。
退去時ではなく、明らかな過失で床やフローリングを変色させた場合は、早めに大家さんに相談して補修の必要性を確認するようにしましょう。
修繕が必要な場合でも、早いほど修繕費用が少額で済むこともあるので早めに対応することが大切です。

どこまで経年劣化は認められる?

まとめ

フローリングの経年劣化は、日光による日焼けや家具設置によるへこみなどです。
故意や過失によって変色した場合やへこみができた場合は原則借主負担となります。
賃貸物件を退去する際には、敷金返却のトラブルにならないようガイドラインをきちんと理解してから立ち合いをおこなうようにしましょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件に関する用語のひとつ!専有面積の概要や計算方法とは?   記事一覧   24時間ゴミ出し可能な賃貸物件のメリットとデメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約