森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の壁における原状回復!よくあるお悩みとは?

賃貸物件の壁における原状回復!よくあるお悩みとは?

≪ 前へ|大阪市中央区のミライザ大阪城の概要やおすすめポイントとは?   記事一覧   賃貸物件の24時間換気設備!種類や注意点とは?|次へ ≫

賃貸物件の壁における原状回復!よくあるお悩みとは?

賃貸物件の壁における原状回復!よくあるお悩みとは?

賃貸物件は退去の際に原状回復の義務があり、入居したときと同じ状態に戻さなければいけないとされています。
毎日生活をしていると、室内のさまざまな部分に汚れをはじめとしたダメージを生じさせてしまうものです。
今回は、室内の壁部分の原状回復についてお話していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の壁の原状回復①画鋲やネジの穴

壁に棚を設置したり、ポスターを貼ったりするために画鋲やネジ、釘などを使いたいという場面もありますよね。
賃貸物件の場合は壁に穴を開けることはできるだけ避けたいものですが、程度によっては原状回復を求められない場合もあります。
国土交通省によると、画鋲やピンなどの小さな穴は「通常の損耗」とされており、入居者が負担する必要はありません。
ただ、ネジや釘を使用して大きな穴が開いてしまったり、同じ場所に画鋲を何回も刺して穴が広がったりしてしまった場合は入居者が修繕費を負担する可能性があります。

賃貸物件の壁の原状回復②壁に残った跡

長期間にわたってポスターやカレンダーを貼っていたり、冷蔵庫を置いている場合、壁に黒ずみなどの跡が残ってしまうことがあります。
このような壁に残った跡に関しては、生活をしていく上で自然についてしまうものと考えられるケースが多く、通常の損耗としてオーナーが修繕費を負担する可能性が高いです。
ただし、ひっかき傷や水漏れでできた汚れなど、不注意や手入れ不足によるものは、入居者が負担することになりますので注意しましょう。

賃貸物件の壁の原状回復③タバコの黄ばみやにおい

タバコを吸う方にとっては、特に壁の原状回復が気になるところではないでしょうか。
室内でタバコを吸う生活を続けていると、壁紙がヤニによって黄ばんでしまったり、においが染みこんでしまったりします。
入居者が原状回復の負担を求められるのは「過失によるキズや損耗」とされており、タバコを吸うことによって生じた壁の黄ばみやにおいは、これにあたります。
そのため、入居者が修繕費の負担をしなければならない可能性が高くなります。
長期間にわたって部屋を借りていた場合など、通常のクリーニングでは落ちないような黄ばみやにおいの場合は、負担する額も高額になるので注意が必要です。

賃貸物件の壁の原状回復③タバコの黄ばみやにおい

まとめ

賃貸物件の壁の原状回復は、普通に生活していても自然に生じてしまう「通常の損耗」と、不注意や故意によって生じてしまう「過失によるキズや損耗」で分けられます。
「通常の損耗」の場合はオーナーが修繕費を負担しますが、「過失によるキズや損耗」の場合は入居者が負担することになります。
賃貸物件では節約のためにも、壁にキズや汚れをつけないように日ごろからの対策を心がけてみましょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|大阪市中央区のミライザ大阪城の概要やおすすめポイントとは?   記事一覧   賃貸物件の24時間換気設備!種類や注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約