森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の契約における善管注意義務とは?違反した場合について解説!

賃貸物件の契約における善管注意義務とは?違反した場合について解説!

≪ 前へ|賃貸物件における消防設備点検とは?点検の種類や義務についてご紹介!   記事一覧   賃貸物件に宅配ボックスは必要?設置するメリット・デメリットや種類を解説!|次へ ≫

賃貸物件の契約における善管注意義務とは?違反した場合について解説!

賃貸物件の契約における善管注意義務とは?違反した場合について解説!

賃貸物件の契約時には契約書の中でも、「善管注意義務」に関する項目は大事なポイントとなるため、しっかりと確認しておかなければなりません。
しかし、善管注意義務という言葉を初めて知った方や、どんな義務なのか知らないという方も多いのではないでしょうか。
今回は善管注意義務とは何かについて、また、万が一善管注意義務に違反した場合はどうなるのかについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約にある「善管注意義務」とは?

「善管注意義務」とは、民法第400条に定められている「善良な管理者としての注意義務」を略した言葉です。
民法第400条の条文では、「債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は、その引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない」と定められています。
つまり善管注意義務とは、「賃借人は一般的な社会通念上の守られるべき範囲で借りている部屋や設備は大切に管理して使わなければならない義務がある」ということを意味しているのです。
これは、退居時の原状回復に関するトラブルを防ぐためのものでもあります。

賃貸借契約の「善管注意義務」に違反するとどうなるの?

では、具体的にどのような内容が善管注意義務の違反に当たるのでしょうか。
いくつか例を見てみましょう。

●結露やカビを放置したため窓や壁が腐植した
●家具やペットなどの過失による壁紙の破損
●タバコのヤニや臭い
●壁や建具・床などへの落書き等による故意の破損
●下地ボードの張り替えが必要なほど壁に穴をあけた
●床にタバコを落として焦げ付かせてしまった
●トイレに流せない物を流して詰まらせた
●鍵を紛失・破損によって取り替えた


このように賃借人の不適切な管理や手入れ不足、故意によるものや用法違反による破損などが善管注意義務の違反に該当します。
善管注意義務に違反する破損等があった場合、一般的に修繕にかかる費用は原状回復費用やクリーニング代として賃借人の負担となり、敷金からそれらが差し引かれることになります。
思った以上に原状回復費用が発生すれば、退去時に敷金が返還されないといったことにもなりかねません。
原状回復費が敷金を上回った場合は、さらに追加で請求されることになります。

賃貸借契約の「善管注意義務」に違反するとどうなるの?

まとめ

賃貸借契約における「善管注意義務」の内容と、違反した場合にどうなるかについてご紹介しました。
善管注意義務がある以上、賃借人には社会的な常識の範囲で借りている部屋のお手入れや管理をおこない、大切に使うことが求められます。
違反した場合は、退去時に原状回復費がかさみ、「敷金の返還が少なくなる」あるいは「追加請求」もあり得ます。
そうならないためにも、日常的に部屋を丁寧に大事に使うように心がけましょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件における消防設備点検とは?点検の種類や義務についてご紹介!   記事一覧   賃貸物件に宅配ボックスは必要?設置するメリット・デメリットや種類を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約