森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > SOHOとはどのような賃貸物件なのか詳しく解説!

SOHOとはどのような賃貸物件なのか詳しく解説!

≪ 前へ|敷金礼金なしの賃貸物件にはどのような利点があるの?   記事一覧   カップル必見!単身者専用の賃貸で同棲ができないのはなぜ?|次へ ≫

SOHOとはどのような賃貸物件なのか詳しく解説!

SOHOとはどのような賃貸物件なのか詳しく解説!

近年は、大きなオフィスで仕事をするのではなく、小さい事務所で働く方が増加しています。
SOHOと呼ばれる物件がこのタイプに当たりますが、どのようなタイプの賃貸なのでしょうか。
そこで、この記事では大阪市中央区への居住を検討している方に向けて、SOHOとはどのような賃貸なのか詳しく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

SOHOとオフィス賃貸物件との違いとは?

SOHOとは、自宅や小さい事務所で働くことを意味します。
大きな事務所で仕事をすることと比べて、働く時間や場所にとらわれないことが特徴です。
そのため、在宅で仕事をする方には適したタイプの物件だと考えます。
SOHOとオフィス物件は、賃貸するうえでどのような違いが見られるのでしょうか。
具体的には、契約の形態が違います。
まず、SOHOは居住用として借主が住むことを前提とした契約が結ばれます。
あくまでも居住用の賃貸であるため、表札や看板は出せず、不特定多数の人の出入りはできません。
さらに、家賃に対する税金は課税されません。
これに対して、オフィス物件は事業用として契約を結び、表札や看板を出すことも可能です。
また、人の出入りに制限はないものの、居住用ではないため寝泊まりはできません。
加えて、税金が課税されます。
上記の違いがあるため、あらかじめ事業の進め方についてイメージを持っておきましょう。

SOHOの賃貸物件に住むメリット・デメリットとは?

SOHOの賃貸物件に住むメリットとは、どのようなものなのでしょうか。
まず、オフィスに比べると賃料と初期費用が安いことがメリットです。
小規模の賃貸を仕事場にできるため、最低限の賃料しかかかりません。
また、オフィス物件では不可能な寝泊りもできます。
自宅を事務所として扱えば、通勤もなくなるので仕事しやすい環境を構築できることがメリットです。
これに対して、デメリットは大勢でおこなう仕事には向かないことです。
SOHO物件は、不特定多数の出入りが難しいため職種が限定されてしまいます。
また、表札や看板が出せないため、職場の売り込みが難しいこともデメリットです。
さらに、自宅を職場として扱う場合は、仕事とプライベートが混同するリスクも考えられます。
オフィスへ通勤していると、始業と終業のメリハリをつけられますよね。
しかし、自宅で働いていると働きすぎてしまう方が見られ、体調を崩す原因になってしまいます。
メリハリをつけて働くには、自己管理を徹底しなければなりません。
そのため、働きやすい環境を自分で整えなければならず、自己管理が苦手な方にはデメリットが大きいと考えます。
上記のメリット・デメリットを覚えておきましょう。

SOHOの賃貸物件に住むメリット・デメリットとは?

まとめ

SOHOの賃貸物件とオフィス物件との違いとは何かわかりましたか。
メリット・デメリットを踏まえつつ、働き方に向いている方法を選んでください。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|敷金礼金なしの賃貸物件にはどのような利点があるの?   記事一覧   カップル必見!単身者専用の賃貸で同棲ができないのはなぜ?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約