森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 新築の賃貸物件に住むメリットとは?築浅との違いも解説

新築の賃貸物件に住むメリットとは?築浅との違いも解説

≪ 前へ|1階にある賃貸住宅で必要な防犯対策について詳しく解説   記事一覧   賃貸物件を借りるときに保証人はなぜ必要?いないときの対処法とは?|次へ ≫

新築の賃貸物件に住むメリットとは?築浅との違いも解説

新築の賃貸物件に住むメリットとは?築浅との違いも解説

きれいで新しい住まいをご希望の方は、賃貸物件のお部屋探しで「新築」であることを重視されますよね。
メリットの多い新築の賃貸物件ですが、デメリットや築浅との違いについてはご存じでしょうか。
今回は、大阪市中央区への居住をお考えの方に向けて、新築の賃貸物件に住むメリット・デメリットをお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築の賃貸物件に住むメリット・デメリットとは?

新築の賃貸物件のメリットは、やはりまだ誰も住んでいない新しい部屋に住めることでしょう。
新築の賃貸物件は、浴室乾燥機やIHクッキングヒーターなどの最新の設備が整っていることも多く、快適に生活が送れます。
オートロックや防犯カメラなどのセキュリティ面でも、充実していることが多いでしょう。
新築であれば、使用感のない新しい部屋に住めるので、賃貸物件でもマイホーム感覚で暮らせます。
一方でデメリットですが、まず新築物件は家賃が高い傾向にあるところが挙げられます。
同じ立地や間取りでも、新築というだけで家賃が高くなっています。
また、新築物件は建物の完成前に募集が始まるので、実際の物件を内見することができません。
間取りなどの図面でチェックしていても、実際に完成してみると、イメージと違うということもあるでしょう。
そのほか、新築物件はシックハウス症候群のリスクが高いとされています。
こまめに換気すれば、1か月程度で治まりますが、アレルギー反応が出やすい人は注意が必要ですね。

新築と築浅の賃貸物件の違いとは?築浅のメリットは?

新築の賃貸物件はメリットも多いですが、家賃が高めであったり、条件に合う物件が見つかりにくいこともあります。
なかなか理想の物件が見つからないときは、新築にこだわりすぎず、築浅物件やリノベーション物件も視野に入れてみるのがおすすめです。
築浅物件とは、築年数が浅い物件ことで、設備が充実した新しい部屋に住みたい方のニーズに合致することが多いです。
同じ広さや間取りでも、新築と比較すると、家賃が割安になるところがメリットです。
リノベーション物件は、古くなった住まいに新たな付加価値をつけてリフォームした物件のことです。
リノベーションされているので、内装は新築同然でデザイナーズ物件のようなおしゃれな部屋も多いです。

新築と築浅の賃貸物件の違いとは?築浅のメリットは?

まとめ

今回は、大阪市中央区への居住をお考えの方に向けて、新築の賃貸物件に住むメリット・デメリットをお伝えしました。
新築の賃貸物件はメリットも多いですが、そのぶん人気も高く、家賃が割高になる傾向にあります。
なかなか良い物件が見つからない場合は、築浅物件やリノベーション物件を選択肢に入れてみるのをおすすめします。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|1階にある賃貸住宅で必要な防犯対策について詳しく解説   記事一覧   賃貸物件を借りるときに保証人はなぜ必要?いないときの対処法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約