森之宮の賃貸|ホームメイトFC 森之宮店 > 株式会社アッフェル(森ノ宮店)のスタッフブログ記事一覧 > 1階にある賃貸住宅で必要な防犯対策について詳しく解説

1階にある賃貸住宅で必要な防犯対策について詳しく解説

≪ 前へ|賃貸の停電対処法とは?急に電気が消えたらやること   記事一覧   新築の賃貸物件に住むメリットとは?築浅との違いも解説|次へ ≫

1階にある賃貸住宅で必要な防犯対策について詳しく解説

1階にある賃貸住宅で必要な防犯対策について詳しく解説

賃貸住宅のなかでも1階の部分は、人通りが多く不審者が侵入しやすい可能性もあります。
そのため、普段から防犯面で気をつけながら暮らしていくことが大切です。
ただ、どのようなことを実践したらいいのかわからない方もいることでしょう。
そこで具体的な対策、また注意点に関して説明をしたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

1階にある賃貸住宅に関する防犯対策

賃貸アパートの1階は重い荷物を持っていても、すぐに入室ができる点が魅力と言えます。
しかし空き巣などの被害を受けやすいので、対策は日頃からしっかりとおこなう必要があります。
不審者が侵入する場所としては窓がありますが、窓用補助鍵を取り付けておくといいでしょう。
簡単に取り付けができますし、容易に開錠ができなくなるので、空き巣対策として有効です。
また防犯センサーも設置が容易なので、専門の業者に依頼をする必要がありません。
窓に設置をすれば、開閉された際にブザーが鳴ります。

センサーライトも有効なアイテム

窓用補助鍵などを取り付けるのもいいですが、人に反応をして周囲を明るく照らすセンサーライトを設置するのも不審者が室内に侵入するのを防ぐことができます。
センサーライトがあれば夜間も安全に行動できるので、怪我の防止にも役立ちます。

1階にある賃貸物件に関する防犯上の注意点

賃貸住宅の1階部分はとくに人通りの多い場所なので、日頃から不審者が侵入しないように気をつけながら生活を送る必要があります。
まず注意点として、常に施錠をおこなうということが挙げられます。
ちょっとだけ外に出てすぐに戻って来るということもありますが、この場合でも必ず施錠をするようにしましょう。
これを習慣にしていないと、うっかり鍵をかけずに外出をしてしまう恐れもあります。
また窓の鍵は常にかけておくようにし、定期的に開錠をしていないかどうかチェックすることも重要です。
窓から不審者が侵入しないだろうと思っていても、バールなどを使って容易に窓から室内に入る不審者もいます。

留守にしがちと思われないようにすることも大切

また郵便物は必ずその日のうちに室内に移動させ、留守にしていることを不審者にわからせないようにすることも重要です。
郵便物がポストの中に入っている状態になっていると、不審者に目をつけられてしまう恐れがあります。
さらに合鍵を屋外に隠すことは止め、合鍵は常に持ち歩くようにしましょう。
合鍵があると便利ですが、不審者に見つかってしまうと、簡単に室内に侵入されてしまいます。

1階にある賃貸物件に関する防犯上の注意点

まとめ

賃貸住宅の1階は他の階層に比べて多くの人が通るため、常に防犯対策を万全にしながら生活を送っていかなければなりません。
便利なグッズを積極的に活用することで、不審者が嫌がる環境を作ることができます。
また留守にしがちな入居者だと思われないために、郵便物を放置したままにしないようにしましょう。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の停電対処法とは?急に電気が消えたらやること   記事一覧   新築の賃貸物件に住むメリットとは?築浅との違いも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オンラインお部屋探し
  • LINEでお部屋探し
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アッフェル(森ノ宮店)
    • 〒540-0003
    • 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目14-2
      鵲森之宮ビル 4F
    • TEL/06-6946-7611
    • FAX/06-6946-7612
    • 大阪府知事 (1) 第59452号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約